生前整理・老前整理について

遺品整理と似ている言葉に「生前整理」や「老前整理」があります。この2つの特徴についてご紹介したいと思います。

生前整理とは

自分の死後に残された家族や子供が苦労しないよう、本人が持ち物や財産を整理しておくことを指します。遺品や財産の内容を明らかにして、遺産相続などのトラブルを防ぐ目的もあります。近年では、遺品整理ではなく、生きているうちに整理をする生前整理が大切である、という考え方が広まっています。持ち物の整理と同時に、遺言書やエンディングノートの作成を行う方も多いです。自分自身のために行うというよりは、残される家族や子供のために行う整理です。

老前整理とは

老いたときの体力・気力の低下に備えて、元気なうちに不要なものを処分し、整理することです。これによって生活空間を使いやすくすると同時に、自分自身の心をスッキリさせることができます。死後に備えて行われる遺品整理や生前整理に対し、老前整理はこれからの人生のために行う整理であるところが、大きな特徴です。

生前整理と似ている部分は多いですが、老前整理の場合は定年退職後の第2の人生に向けて、働き盛りのうちに実践する場合がほとんどです。自分自身のために行うということで、働き盛りのビジネスパーソンにとっては、実践する価値が非常に高いでしょう。

元気な今だからこそ考えたい、整理の大切さ

遺品整理と聞くと「自分はまだ大丈夫」と思われている方も多いのではないでしょうか。しかし、片付けに必要な「捨てる決心」には、想像以上に大きなエネルギーを必要とします。働き盛りの若いうちから不用品の整理に取り組めば、より高い効果を実感できるはずです。元気な今だからこそ、整理の大切さについて考えてみませんか。

スッキリし隊では、熟練したプロのスタッフが不用品整理のお手伝いをさせていただきます。「何から始めたらいいのか分からない」「整理をしている時間がない」という方も、スタッフが責任を持って丁寧に仕分けしますので、ご安心ください。
対応エリアは福岡県久留米市や北九州市をはじめ、佐賀県や熊本県などの九州全域となっております。遺品整理や生前整理のことならお気軽にご相談ください。

無料お見積り