遺品整理を依頼するポイント

亡くなられた方の遺品を整理するのは、思った以上に大変なことです。特に身寄りが少ない方ほど、遺品整理にかかる負担が増えます。そこで遺品整理を行ってくれる専門業者に依頼してみてはいかがでしょうか。こちらでは遺品整理を依頼するポイントについて、ご説明いたします。

依頼する前に

遺品整理を行う時期の目安は49日後といわれています。しかし故人が賃貸住宅で一人暮らしだった場合は退去期日などもありますので、早めに行わなければならないこともあります。大切なことは故人の意思を尊重することです。遺言や生前の希望などがあれば、できるだけ応えるようしましょう。また、銀行通帳や登記謄本など遺産となる物は、リストを作ってしっかり保管します。形見分けなど親族やお世話になった方からの希望もリストを作成して保管することをおすすめします。

業者の選定

遺産や貴重品、形見分けが終わった後は遺品をひとつひとつ片付けていきます。しかし仕事や遠距離などで難しい場合は、業者に依頼すると便利です。住居が戸建てで遺品が大量にあるケースや、残された家族が高齢者で遺品整理が難しいケースにも対応してくれます。業者に見積もりを依頼し、依頼したい内容をはっきり伝えます。

この時に何を残すかあらかじめ業者に伝えておくことで、トラブルを防ぐことができます。提出された見積もり金額に疑問があった場合は、すぐに確認しましょう。スタッフが誠実で丁寧に答えてくれるかも重要です。見積もりの際に細かな部分まで打ち合わせておけば、後々の作業が楽になります。

遺品整理当日

できれば作業当日は立ち会いが望ましいのですが、難しい場合は最終確認だけでも立ち会うことをおすすめします。しっかり作業は行われているか、積み残しはないか、希望した物は残しているかなどをチェックできるからです。また、作業中に大事な遺品が出てくる場合もあります。その場合は残してくれるようにお願いすることもできます。経験豊富で残された方への配慮ができる業者であれば、丁寧に対応してくれることでしょう。

福岡のスッキリし隊は遺品整理や生前整理、不用品回収を行っています。袋詰めからお掃除までしっかりと丁寧に対応させていただきます。料金や価格もウェブサイトから確認できますので、安心して依頼することが可能です。

無料お見積り