遺品処分はなぜ必要か

大切な家族や近しい親族が亡くなるというのは、胸を引き裂かれるほど辛く悲しい出来事です。故人の遺品というのは1つ1つに思い出があり、できればそのままにしておきたいというのがご遺族の心情でしょう。しかし、そんな心情とは裏腹に、遺品処分をしなければならないのが現実です。遺品処分とは、ただ単に故人の遺品を整理するという行為だけではなく、きちんとした目的があります。

住居の明け渡しや売却

故人が1人で賃貸物件に住まれていた場合、当然ながら賃貸物件は解約し明け渡す必要があります。思い出ある住まいとは言え、誰も住んでいない物件をいつまでも借りていてはお金の無駄になってしまいます。また一軒家などの持ち家であっても同様に、固定資産税などの維持費が発生してしまいます。なお遺品処分は身のまわりの遺品だけに限らず、家財道具や家電用品などあらゆる物を整理し処分しなければなりません。

賃貸物件であれば清掃も必要になりますから、ある程度の日数を要します。
万が一ご遺族が遠方に住まわれていた場合、特に遺品処分をすることが困難になります。お金と時間を無駄にしないためにも、一刻も早く遺品処分をして、住居を早急に手放すほうが賢明です。

ご遺族の気持ちを整理する

大切な方が亡くなるというのは、非常に悲しいことです。先にも述べたように少しでも長く思い出を残したいがために、遺品をそのままにしておきたいと思われる方も多いようです。しかし、いつまでも気持ちを引きずるわけにはいきません。
遺品処分というのは、実は、ご遺族の気持ちを整理させるものでもあるのです。

遺品処分と言っても、それは遺品を供養するということを意味しています。本当に大切なものは形見としてとっておくことができますから、辛い気持ちを乗り越え遺品処分を行いましょう。遺品処分をきちんと行い、気持ちに区切りをつけて新しい1歩を踏み出すことは、ご自身のためでもあり故人の供養にも繋がるのです。

福岡で不用品回収・買取、引越しを行うスッキリし隊では、遺品処分や生前整理も請け負っております。
ご遺族だけで遺品処分を行うというのは、実務においても精神的な面においても苦労を伴います。
業者を利用することによって安心して遺品処分を行うことが可能です。数ある業者と比較してみても格安価格で対応しておりますから、ぜひご相談ください。対応エリアは福岡県だけに限らず、九州全域となっております。

無料お見積り